世界中で実施されている子供達への支援活動は大きな進歩を遂げていますが、全世界の数百万の青少年がいまだに最低限のケアを受けられていない状況にあります。毎日16,000人の子供が5歳の誕生日を迎える前に亡くなっています。そしてそのほとんどは予防可能な原因によるものです。世界の子供の6人に1人は学校に通っておらず、必要な教育を受けられずにいます。また紛争によって80人に1人の子供たちが家を失い、あらゆる危険を冒してまでも、生き延びています。
 
世界初の子供のための慈善団体として、「セーブ・ザ・チルドレン」はこれらの課題に取組み、明るい未来に向けて子供たちへの支援活動をしています。この団体は、第一次世界大戦の終わりにイギリスの社会改革家、エグランティン・ジェップ(Eglantyne Jebb)によって設立されました。ジェップは戦後、荒廃したヨーロッパで飢餓に苦しむ子供たちの写真を新聞で目にして愕然となり、それをきっかけに子供たちのために積極的に活動しました。 

ジェップは「すべての戦争は子どもに対する戦争です。」という声明を発表したことでも有名です。  彼女はまず、飢餓に苦しむヨーロッパの子供たちの写真を掲載したリーフレットを配布する活動を開始しました。続いてヨーロッパ、そしてその他の地域の子供たちに向けて命を救うための食品と医薬品を送りました。ジェップの子供の権利を擁護する活動は、最終的に国連による1959年の「児童の権利に関する宣言」につながりました。 


約1世紀を経た今も、ジェップの意思は引き継がれています。今日、セーブ・ザ・チルドレンは120カ国以上で1億5,500万人を超える子供たちが充実した生活を送るために必要な健康、教育、保護を受けられるよう支援しています。  この団体は、子供の栄養失調と飢餓の撲滅、そしてHIV感染の予防に取り組んでいます。また、幼児教育や教育プログラムに資金を提供しています。さらに搾取、紛争、そして自然災害から子供たちを守ることにも取り組んでいます。 

Alexaに「セーブ・ザ・チルドレンに寄付をして」と話しかけて寄付をして、世界中の子供たちが必要とする健康、教育、保護を受けられるようご支援ください。

セーブ・ザ・チルドレンは、常により多くの子供たちに手を差し伸べようとしています。この団体は最近、支援者が世界中の不安定な生活環境に置かれた青少年をより早く、簡単に支援できるようにするために、Alexa Donationsを活用しAmazon Payを導入しました。セーブ・ザ・チルドレンのソーシャル戦略&デジタルイノベーションの顧問であるエットーレ・ロセッティ(Ettore Rossetti)氏は、”Alexaユーザーが声で決済できる「Alexaスキル向けAmazon Pay」で、文字通り自分の声を使って簡単にセーブ・ザ・チルドレンに寄付を行うことができ、困窮状態にある多くの子どもたちを助けることができます”と述べています。  

「Alexaスキル向けAmazon Pay」を使って寄付をする場合は面倒な情報入力は不要。クレジットカード情報やフォームへの入力は必要ありません。Amazonのアカウントに既に保存されている情報を使うことで、Amazonの世界水準のセキュリティにより安全に取引ができます。 

Alexaスキル向けAmazon Payを活用した寄付を提供することで、セーブ・ザ・チルドレンは、困窮状態にある、さらに多くの子供たちに手を差し伸べられることを願っています。

セーブ・ザ・チルドレンは、Alexaスキルを活用することにより、Alexa対応デバイスを使用して寄付する人々の協力を得て、支援範囲を拡大することを目標としています。セーブ・ザ・チルドレンの社長兼CEOであるキャロリン・マイルズ(Carolyn Miles)氏は次のように述べています。「我々の進歩は世界で最も弱い立場にある子供たちにとって十分ではありません。セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子供が彼らにふさわしい成長期そして未来を、確実に持てるように取り組んでいます。」 

Amazonは、声を利用して簡単に寄付ができるAlexaスキル向けAmazon Payを提供しており、既に180を超える寄付団体様と協力しています。セーブ・ザ・チルドレンに関する詳細については、同団体のウェブサイトをご覧ください。


セーブ・ザ・チルドレン ウェブサイト、 『Why Save the Children?(なぜ子供を救うのか?)』、2018年
セーブ・ザ・チルドレン、『Speech at Melbourne University(メルボルン大学での講演)』、2017年
セーブ・ザ・チルドレン ウェブサイト、『Eglantyne Jebb, The Woman Who Started Save the Children(エグランティン・ジェップ、セーブ・ザ・チルドレンを創設した女性』、2018年
セーブ・ザ・チルドレン、『Annual Report(年次報告)』、2017年
セーブ・ザ・チルドレン、『Use Your Voice to Help Even More Children: Donate to Save the Children with Amazon Alexa, 2018
Voice of America, 『Charity: More Than Half of Children Worldwide at Risk, 2018