明治38年に創業した神戸の老舗として知られるシャンパーニュ専門店「マチュザレム」は、現在、世界25か国から取り寄せた5,000種、7万5,000本のワインを常備し、徹底した品質管理のもと商品を販売しています。同社では、2013年に自社ECサイトをオープンし、2017年4月にはAmazon Payを導入しました。Amazon Payを導入した背景やその効果などについて、自社ECサイトの運営を担当している株式会社今井商店 営業1部 課長 青沼泰則さんにお聞きしました。

利用カートシステムはカラーミーショップ
Amazon Payの申込みから設定までの手続きが非常にスムーズでした

青沼(以下敬称略) Amazon Payとの出合いは今から約2年前、とあるECサイトで商品を購入した際に「Amazon Payを利用できます」というバナーを初めて見つけた時です。実際に利用してみると、Amazonアカウントに登録しているEメールアドレスとパスワードを入力するだけで簡単に決済ができたので、ぜひ弊社のECサイトにも導入したいと思いました。加えて、弊社がECプラットフォームとして利用しているカラーミーショップがAmazon Payに対応したと知り、すぐに申込みました。Amazon Payの申込みはGMOイプシロン経由でしたので、申込みから設定完了までの一連の手続きは非常にスムーズでした。お客様にとってAmazon Payでの決済はとても便利ですし、経験上、カラーミーショップを利用している事業者として導入から設定まで何の問題もなく対応できましたので、皆様にもAmazon Payをぜひお勧めしたいと思います。

Amazon Payの利用にかかる費用は安いと感じます

青沼 Amazon Payの導入により、弊社の場合はカラーミーショップの月額費用とAmazon Payの決済手数料がかかりますが、これらの費用は全然気になりませんでした。なぜなら、弊社の場合、Amazon Payの決済手数料はクレジットカードと比較して1%程度しか変わりませんし、決済時の利便性の高さやAmazonを利用するお客様にアピールできるという宣伝効果、さらにカラーミーショップからのサポート等を考えると、むしろ安いと感じます。

すぐに効果が出たAmazon Pay
利用率は導入翌月から20%に、売上は昨対比30%アップ

青沼 2017年4月下旬にAmazon Payを導入しましたが、導入翌月にはAmazon Payでの決済比率が20%となり、以降、その比率は上昇傾向にあります。また、Amazon Payを導入してから売上も増加しており、2016年と2017年を比較すると約30%アップしています。さらに、ご利用傾向では、初めてのお客様だけでなく、特にリピーターのお客様が増えているように思います。普段お酒は飲まないけれど、贈り物として一回だけ買いたいという場合には、会員登録の必要がないAmazon Payを利用されるケースが増えているのではないかと思います。

ECサイトを運営する上で、様々なECサイトで顧客としての購買体験を得ることが重要だと思います

青沼 自身では自社ECサイトの改善点になかなか気付きにくいと思っており、私はECサイト運営の勉強のために、他社のECサイトで購入することを心掛けています。こうした日頃の積み重ねで、私の想像以上に、購入までの動線がECサイトごとに異なっているなど、いろいろな発見がありましたので、さまざまなECサイトでお買い物をすることをお勧めします。ECサイトの改善点に気付くには、お客様として自分で買ってみることが一番だと思います。

Amazon Payを通じて、
さらに多くのお客様にシャンパーニュの魅力を伝えたい

青沼 おかげ様でバーやレストラン、ソムリエの方などに多くご利用いただき、シャンパーニュ専門店としての認知を高めることができていると思っています。次にチャレンジしたいのは、シャンパーニュを知らない方にもマチュザレムをご利用いただくことです。例えば、Amazon Payを通じて、Amazonのお客様に幅広くアピールすることや、初心者向けにシャンパーニュの専門用語を解説したコンテンツをECサイトに追加することを検討しています。さらに、商品ラインナップとしてシャンパーニュの購入が初めてというお客様を対象に、お勧めのワインセットを金額別で提案するということも考えています。こうした取り組みを通じて、シャンパーニュの魅力を発信し、多くのお客様にシャンパーニュをもっと身近に感じていただきたいと考えています。 


Website: https://mathusalem.jp/

*データは(株)今井商店による自社調査結果です。