ネットショップ開設や運営のコツをテーマにしたオンラインイベント「はじめるネットショップ ONLINE EXPO 2020」を開催

さまざまな業種で急速にオンライン化が進む中、いまネットショップを始める、もしくはいまECを強化すべき理由とは何でしょうか?

Amazon Payでは、こうしたネットショップ開設や運営のコツをテーマにしたオンラインイベント「はじめるネットショップ ONLINE EXPO 2020」を2020年11月13日に開催。
1924年創業の柳田織物 柳田敏正氏(以下、柳田氏)と、1956年創業の小島屋 小島靖久氏(以下、小島氏)をゲストに迎え、ネットショップ成功の秘訣をお聞きしました。

>本講演とAmazon Payの講演の動画を無料でご覧いただけます。動画はこちらから。

柳田織物様がワイシャツのネットショップ「ozie」をオープンしたのは2002年。上野アメ横でナッツ・ドライフルーツの専門店を営む小島屋様がECビジネスをスタートしたのは2004年。元々小売りを経験していた両氏がネットショップの運営に乗り出した理由は「時代の変化に危機感を感じ、何か新しいことを始めないといけないと感じたため」とのことでした。
けれども、ただECを始めればよいというわけではないと柳田氏と小島氏は口を揃えます。ECを販路のひとつとして確立するには「商品について熱く語れるか」「商品をきちんと説明してわかりやすく伝えることができているか」が重要なポイントであると共通して言います。

時代の変化に対応するために始めたネットショップ。デジタルの進化や消費行動の多様化などで再度訪れている大きな時代の変化を踏まえ、両氏が強調するのは「変化にきちんと対応すること」。

ECビジネスを始めたきっかけやECビジネスを成功させるための秘訣に関するさらなるエピソードをはじめ、現状のEC市場環境と、それを踏まえた消費者に支持されるネットショップづくり、そしてこれからのECビジネスで重要なポイントなどを、この講演動画でご紹介しています。
この講演動画を通じて、ネット通販黎明期と言われる2000年代初頭からECビジネスに携わり、さまざまな変化に対応し続け成功するベテランショッパーである柳田氏と小島氏より、ネットショップ開設と運営のコツ、そしてECビジネス成功の秘訣をぜひ学んでいただければと思います。

無料動画はこちら


Amazon Payの最新情報をお届けします

Amazon Payの最新の導入事例やイベント情報など、メールにて定期的にお届けします。