販売事業者様


Amazonが提供する決済サービス「Amazon Pay」を導入すれば、お客様はおなじみのAmazonアカウントを利用して、自社ECサイトでお買い物できるようになります。ブランドを作りあげながら、より便利なショッピング体験を提供することで、ロイヤルカスタマーの獲得をサポートします。
Benefits

"決済だけではない" Amazon Payの導入メリット

スムーズな購入体験

お客様は、新規アカウントを作成したり、クレジットカード情報を入力することなく、ショッピングを楽しめます。Amazonギフト券もご利用可能です1

コンバージョンの改善

Amazon Payが長年にわたって培ってきたスムーズな購入体験を活用して、コンバージョン率を高めることが期待できます。

セキュリティを強化

Amazonが取り組む世界水準のセキュリティで保護されることになり、不正注文の対策としても期待できます。
SECURITY

自社ECサイトで安全なショッピング体験を提供

Amazonマーケットプレイス保証

条件を満たした購入には、追加料金なしでAmazonマーケットプレイス保証2を適用。お客様に安心してショッピングをお楽しみいただけます。

不正の検出および防止

Amazon Payの利用は不正注文の対策としても期待できます。さらに、Amazon Payが決済を行うため、クレジットカード情報の非保持化を実現できます。

Amazonアカウントでお買い物

お客様が使い慣れた、信頼のおけるAmazonアカウント情報を使って、自社ECサイトでお買い物できます。
初期費用:無料、月額費用:無料、トランザクション料:不要

Amazon Pay手数料

決済手数料
4%
(デジタルコンテンツの販売: 4.5%)
How to integrate

Amazon Payを導入するには

Amazon Pay お申込み

まずはAmazon Payにご登録ください。ご登録は無料です。

Amazon Pay対応のASPをご利用の方

自社ECでAmazon Pay対応ASPをご利用の場合は、手間なく導入可能です。対応ASPはこちらからご確認ください。

独自開発されている方

インテグレーションガイド、UXガイドライン、SDK、コードサンプル等、各種資料をご用意しております。こちらからご確認ください。

Vermicular

自社公式オンラインショップを大切にしているEC事業者なら、Amazon Payを導入するべきだと思います。

愛知ドビー様の導入事例を見る
Merchant website

Amazonのお客様が、あなたのサイトで安心、安全にお買い物を楽しむことができる環境をご提供。

Amazon Pay よくあるご質問


Amazon Payは、Amazon.co.jpアカウントに登録された住所情報とクレジットカード情報を使って、商品やサービスの支払いができるサービスです。

はい。ご導入に際しては、一定の条件を設けさせていただいております。

・日本に拠点のある法人(登記簿をご提出いただく可能性があります。)
・当社規定の禁止ビジネスカテゴリー、または導入サイト内に禁止商材を取り扱っていない販売事業者

詳しくは、こちらをご参照ください。

大きく2通りの方法があります。
Amazon Pay対応ソリューションプロバイダーをご利用の場合:簡単な設定切り替えなどで導入が可能です。
・上記以外のシステム会社または自社開発の場合:システム開発が必要です。まずはこちらにお問い合わせください。

Amazonにお支払いいただく初期導入コストはかからず、決済手数料のみ発生します。
- 決済手数料:こちらをご参照ください。
- 初期導入費用:無料
- 月額費用:無料
- 取引手数料:不要
- 振込手数料:無料(事業者への入金サイクルに関わらず、Amazonが負担します)

別途ショッピングカートご利用の場合は、上記とは別にシステム提供会社への月額使用料が発生する場合があります。提供会社様へご確認ください。

はい、AmazonアカウントにAmazonギフト券が登録されており、かつその残高がある状態であれば、Amazon Payでのお支払いにAmazonギフト券の残高をご利用いただくことが可能です。詳細はこちらをご確認ください。

Possible with Pay
1Amazonギフト券でお支払いいただけない商品も一部ございます。詳細はこちらをご確認ください。
2Amazonマーケットプレイス保証:Amazon Payでの商品の購入において、購入者を保護するためにAmazonが提供している保証です。詳しくはこちら