Amazonギフト券がAmazon Payのお支払いでご利用可能になりました

これまで、Amazon Payを利用したお買い物のお支払い方法は、Amazonアカウントに登録されたクレジットカードによる決済のみとなっておりましたが、多様な選択肢をお客様にご提供できるよう、本日から、Amazonアカウントに登録されたAmazonギフト券の残高を使ったお支払いへの対応を開始いたしました。(一部対象外となるECサイトがあります。*1)
Amazon Payがご利用可能なECサイトでは、Amazonギフト券をお支払い方法としてお選びいただけるようになっておりますので、ここで実際のご利用方法をご紹介いたします。

 

Amazonギフト券の使い方

AmazonアカウントにAmazonギフト券が登録されており、かつその残高がある状態であれば、Amazon Payでのお支払いにAmazonギフト券の残高をご利用いただくことが可能です。
ご利用にあたっては以下3つの方法があります。

1)AmazonアカウントにAmazonギフト券のみが登録されている場合
Amazon以外のECサイトにおけるお支払い方法として、Amazon Payを選択されたお客様がAmazonアカウントでログインした後、このECサイト上のお支払い方法画面には、お客様のAmazonギフト券残高が表示されます。この表示残高の範囲内でお支払いが可能です。

また、[ギフト券を追加登録する]リンクをクリックいただければ、Amazonギフト券を追加登録して残高を増やすことも可能です。

2)AmazonアカウントにクレジットカードとAmazonギフト券が登録されている場合
AmazonアカウントにクレジットカードおよびAmazonギフト券が登録されており、かつそのAmazonギフト券に残高がある場合には、両方を組み合わせてお支払いいただくことが可能です。この場合、[¥XXX分のギフト券残高を利用する]チェックボックスを外すことで、クレジットカードだけでお支払いいただくこともできます。

また、決済の途中でAmazonギフト券の残高を増やすことも可能です。

3)Amazonアカウントにクレジットカードのみが登録されている場合
Amazonアカウントにクレジットカードだけが登録されている状態でも、[新規追加]リンクをクリックのうえ、お手持ちのAmazonギフト券番号を入力して残高を追加することが可能です。

まとめ

この度、Amazon Payのお支払いにAmazonギフト券が対応したことにより、お客様には下記のメリットをご利用いただけるようになりました。

お客様のメリット
・ネットショッピングにおいてクレジットカードのご利用に抵抗のあったお客様も、予めコンビニ等において現金でAmazonギフト券を購入しておくことで、Amazon Payを使って最短2クリックでお買い物ができ、住所情報やお支払い情報の入力の煩わしさから解放される。
・お手持ちのAmazonギフト券を使って、Amazon Payが導入されている(Amazon以外の)ECサイトでもお買い物ができる。


また、Amazon Payをご導入いただいている販売事業者様には下記のメリットをご期待いただけます。

販売事業者様のメリット
・ネットショッピングでのお支払い方法においてクレジットカードのご利用に抵抗を感じていらっしゃるお客様に、新しいお支払い方法の選択肢をご提供いただける
・Amazonアカウントにクレジットカードをご登録されていなかったお客様にも、最短2クリックで決済可能なAmazon Payをご提供いただけるようになり、新規のお客様によるお買い物機会の増加を期待いただける


Amazonギフト券をテスト導入いただいた、ファッション通販サイト「SHOPLIST.com by CROOZ」を運営するCROOZ SHOPLIST株式会社様からは、以下のようなコメントをいただいております。

Amazonギフト券を利用したAmazon Payでの決済は、『SHOPLIST』をご利用くださる若年層のお客様と相性が良いと想定されるので、お客様の満足度向上やその効果に期待しています。弊社では、事前の試験運用期間中、カート画面にAmazon PayがAmazonギフト券に対応した旨をご案内するバナーを掲載することで、多くのお客様にAmazon Payをご利用いただきました。これは、多くのお客様にご確認いただきやすい位置にバナーを掲載したことの効果に加え、Amazonギフト券に対するお客様のニーズの高さの表れによるものと考えております。


なお、Amazon Payをご導入いただいている販売事業者様向けに、Amazonギフト券がご利用可能になったことを自社ECサイトで告知いただくためのバナーをご用意しています(バナーのご利用は無料です)。
バナーはこちらよりダウンロードいただけます。この機会にぜひご活用ください。
 


*1: Amazonギフト券のご利用が対象外となるのは、定期購入/サブスクリプション型に代表されるお支払い方法設定購入商品・サービスへのお支払い/定期払い、一部を除いたアプリ上でのお支払い、Amazon Alexaスキルでの決済の場合、実店舗でのQRコード決済の場合、およびAmazonギフト券の使用制限に該当する場合などです。(2020年6月現在)


Amazon Payの最新情報をお届けします

Amazon Payの最新の導入事例やイベント情報など、メールにて定期的にお届けします。