西川布団.png

西川株式会社

1566年に近江八幡で創業した寝具の老舗西川株式会社がリアル店舗とECサイトが連携したOMOサービスを強化

[OMO・新規顧客獲得・CVR向上]

OMO 拠点としても活用される西川初の体験型ショールーム - Amazon Pay がリアル店舗とEC サイト連携の架け橋に

西川は2022年に初の体験型ショールームを福岡天神にオープンした。店舗でのコンサルティングや計測、商品体験を通してワンランク上の眠りを提案するだけでなく、リアルとネットを繋ぐOMO拠点としても活用しているという。

nishikawa_tenpo_500.jpg

西川ショウルーム

森氏(以下敬称略)  ショールームでは、スリープマスターという資格を持ったスタッフが、最新の機器を使用し、お客様1人1人に合った寝具をご提案しています。また、西川では近年OMO 戦略に力を入れており、リアル店舗とECサイトの連携を強化しています。

三浦氏(以下敬称略)  西川のOMO戦略の一つとして、ショールームに来店し専門スタッフからコンサルティングを受けたお客さまに二次元バーコード付きのカードお渡しし、店

舗を離れてもお客さまと接点を持てるようにしています。二次元バーコードを読み取ると、商品が入ったECサイトのカート画面に遷移し、Amazon Payのボタンを押すだけでシームレスに商品をご購入いただくことが可能です。店舗で商品を実際に体験されたお客さまが、ご自宅で二次元バーコードを読み込み、オンラインでご購入いただくケースが徐々に増えてきております。

リアル店舗では売場面積に限りがあるため商品数に制限があるが、ECサイトでは商品数に限りが無いため、店舗にない商品をオンラインで購入するケースも増えているという。

MDS_3013_500_.jpg

二次元バーコードを読み込むと対象商品が入ったカート画面に遷移してシームレスに購入が可能だ

三浦  購入された内容を見ると、単価も高く、一式でご購入いただいているケースもございました。今後もより濃い顧客体験の提供を目指し

て、実店舗とオンラインショップが連携したさまざまな施策を実施していきたいと考えています。

新規会員登録の約8 割がAmazon Pay 経由売上・コンバージョン率の向上にもAmazon Pay が貢献

 西川の公式オンラインショップは2018 年3月に運用を開始したが、新規会員の獲得が最大の課題となっていた。そのため会員登録と購入手続きの簡略化ができるAmazon Payの導入を決めた。

三浦 昨年1年間の実績として、約8割のお客さまが、Amazon Pay経由で弊社のオンラインショップに会員登録いただいております。通常のECサイトでは、会員登録の際に個人情報の入力を求められることが多いですが、Amazon Payを使うことによって煩雑な入力をせずに購入が出来ますし、導線もシンプルなので離脱率改善にも繋がっています。

nishikawa_stats.JPG

 Amazon Payの導入効果は新規会員登録だけなく、コンバージョンや売り上げの上昇にも寄与しているようだ。

三浦 Amazon Pay 経由での売り上げは+26.7%、コンバージョン率も+6 ポイントと上昇しております。弊社のオンラインショップは6種類の決済方法を選べますが、その中でもAmazon Pay は1 位-2 位を争うシェアになっています。おかげさまで公式オンラインショップの認知度も上がり全体の売り上げは上昇しております。それに付随してAmazon Payとの取引金額も、前年比で約2桁増に伸長しています。

Amazon Pay CV2 再オーソリ機能の活用でさらなる新規顧客の獲得を目指す

西川の公式オンラインショップは注文から発送まで30日以上の期間がある予約商品でもAmazon Pay が利用可能になるAmazon Pay CV2 再オーソリ機能を活用していく予定だ。

EC02.jpg

公式オンラインショップの商品画面。Amazon Pay CV2 の実装でさらなる利便性向上が期待されている。

三浦 Amazon Pay CV2 の再オーソリ機能を活用することで、弊社の新しい商品に対して予約販売を承ることができるようになります。このことで新規顧客のさらなる獲得、コンバージョンの向上、サイトの利便性向上などさまざなメリットを期待しています。

miura_500.jpg

広域戦略事業部 第1 部 2 課課長
三浦 佳祐 氏

 西川は2021年に寝具のサブスクリプションサービス「Sleep Charge」を開始し、新たな顧客の開拓を進めている。また、契約しているアスリートたちの露出を高めることで、西川ブランドの認知度をさらに向上させ、ECサイトやリアル店舗への送客も強化していくという。

mori_500.jpg

マーケティング戦略部 広報担当
森 優奈氏

 今後は、創業450年を超える寝具メーカーとして、現在行っているOMO戦略の強化、IoTの技術をさらに発展させて、寝具を通じて取得した睡眠中の心身に関する情報を様々なサービスに繋げていきたいと考えています。睡眠は1日の終わりではなく、朝の始まりだと考えています。世界中の人のパフォーマンスを高め、より良い明日を迎えていただくための睡眠ソリューションを提供し続けていきます。

※¹ 掲載している情報は2023 年11 月現在のものです。

※² データはすべて西川株式会社自社調査によるものです(2023 年11 月時点)。

※³ 再オーソリ機能(再度与信を取り直すことで、与信期間を延長する機能)

「Amazon Pay」の通常の与信保持期間は30 日。再オーソリ機能を実装すれば、再度与信を取り直すことにより180 日まで延ばすことができ、さらに180 日を過ぎる商品を取り扱っている場合には別途設定によって最大13か月まで延長できる。このため、再オーソリ機能は予約限定商品やメーカー発注品などの取りこぼし防止、代金引換による受け取り拒否と送料のリスク回避につながる。


Amazon Pay 2023年下半期 導入事例集

無料ダウンロード

2023年下半期事例集.png

OMO、新規顧客獲得・コンバージョン率の向上・ゲストからの会員登録・マーケティング対策などさまざまな課題をAmazonの決済サービスAmazon Payを実装し解決されたストーリーをお伺いしています。

事例集の無料ダウンロードはこちら